文字のサイズ
  • 小
  • 標準
  • 大
ホーム > イベント情報 > 掘り出しイベント > NHK大河ドラマ「真田丸」 迫力あるオープニング映像に備中松山城が使われました

NHK大河ドラマ「真田丸」 迫力あるオープニング映像に備中松山城が使われました

NHK大河ドラマ「真田丸」 迫力あるオープニング映像に備中松山城が使われました

平成28年01月10日から12月18日

2016年 NHK大河ドラマ「真田丸」

迫力あるオープニング映像へ備中松山城が使われました!!

2016年NHK大河ドラマ「真田丸」の迫力あるオープニング映像へ備中松山城が登場しました。

真田には縁のない備中松山城ですが、NHKのディレクターの目にとまり、現存天守を持つ山城としては日本一高い場所(430m)にあり、険しい岩山(臥牛山)の上に残る城郭が山深い真田の居城のイメージに近かったことからロケ地に選ばれました。

 

 

◆大手門跡の脇に切り立った崖に滝をCGで足されているため、

 実際には存在しません。

 

◆大手門跡の脇にある切り立った崖の上の城壁をドローンで撮影。石垣の上の壁は、

 実際は白壁で、挟土秀平氏がスタジオで制作した土壁の城壁を乗せている。

 

◆大手門跡。実際には、滝は流れておらず、天守に至る石段の道になっている。

 石垣の上の城壁も、スタジオで収録した挟土秀平氏制作の土壁を合成しているため、

 実際には存在しません。

 

◆上の画像は、実際の城壁は白壁で、左官職人 挟土秀平氏がスタジオで制作した

 土壁を上から合成している。

 下の画像は、備中松山城の天守裏側をドローンで撮影しています。

 

◆番組詳細はこちら

  「真田丸」番組公式HP(平成29年1月31日迄 閲覧可能)

  オープニング映像製作インタビュー