文字のサイズ
  • 小
  • 標準
  • 大
ホーム > イベント情報 > 掘り出しイベント > 児島虎次郎もうひとつの眼

児島虎次郎もうひとつの眼

児島虎次郎もうひとつの眼

開催中~8月23日(日)

没後90年記念 児島虎次郎 もうひとつの

 
現在の高梁市成羽町出身の画家・児島虎次郎は20世紀初頭ヨーロッパへ絵画修行へ行き、その間各地の風物や交流のあった人々を写真に収めました。約100年の時を経て今では大変貴重な資料となった写真や、虎次郎が送った絵はがきなど約100点を一堂に展示し、児島虎次郎のもうひとつの眼・カメラを通したまなざしを顕彰します。

 

会  期  2020年4月4日(土)~8月23日(日)

    ※新型コロナウイルスの影響により期間中に長期休館したことに伴い会期が延長されました。

開館時間  9:30~17:00(入館は16:30まで)

会  場  高梁市成羽美術館 高梁市成羽町下原1068-3

休館日   毎週月曜日

観覧料   一般1,000円、高大生800円、小中生500円

      団体20名以上で2割引き

主  催  高梁市成羽美術館

お問合せ  高梁市成羽美術館

      TEL0866-42-4455

      ホームページhttps://nariwa-museum.or.jp/