文字のサイズ
  • 小
  • 標準
  • 大
ホーム > イベント情報 > 注目のトピックス > 白馬のゆくえ 近代日本洋画の黎明

白馬のゆくえ 近代日本洋画の黎明

白馬のゆくえ 近代日本洋画の黎明

令和2年9月5日(土)~11月29日(日)

児島虎次郎没後90年記念

白馬のゆくえ 近代日本洋画の黎明

1896年、近代日本洋画の黎明期に新しい洋画団体「白馬会」が誕生し、当時の若い画家たちは白馬会の展覧会から多くの刺激を受け次代を切り開きました。

本展では、白馬会で活躍した画家たちと、同時代を生きた画家の代表作を一堂に展示し、黎明期の日本洋画を顕彰します。

 

■日  時   令和2年9月5日(土)~11月29日(日)

 

■場  所   高梁市成羽美術館

        高梁市成羽町下原1068-3

 

■休 館 日   毎週月曜日(9/21、11/23開館、9/23、11/24休館)

 

■開館時間   9:30~17:00 ※入館は16:30まで

 

■入館料金   一般1,000円、小中高大生500円

 

■イベント   開会式およびギャラリートーク

         令和2年9月5日(土)11:00~11:30

         多目的展示室

 

        こころの色を探すワークショップ

        「光は色彩へ・色彩は心へ~色と形で伝えよう」

         令和2年10月4日(日)13:30~16:00

         レクチャールーム

         定員15名、参加費500円

         対象:中学生以上の方

         申込方法:往復はがきに郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、ワークショップ参加希望と明記し郵送。応募締切:9月21日(月)当日消印有効

 

        記念講演会「洋画家たちの学びと歩み―美術教育との関わりを中心に」

         令和2年10月25日(日)13:30~15:00

         多目的展示室 ※変更の可能性あり