文字のサイズ
  • 小
  • 標準
  • 大
ホーム > 観光スポット > 市街地 > 備中松山城

市街地 備中松山城

備中松山城 備中松山城

 市街地の北端にそびえ、「おしろやま」の愛称で市民に親しまれている、『臥牛山(標高約480M)』。
北から、「大松山」「天神の丸」「小松山」「前山」の四つの峰からなり、南から見た山容が、草の上に伏 した老牛の姿に似ているとして、「老牛伏草山」とか「臥牛山」などと呼ばれており、備中松山城はその 頂を中心に全域に及んでいます。

現在、一般に「備中松山城」と呼ばれるのは、この内の小松山の山頂(標高約四三0M)を中心に築か れた近世城郭を指しており、天守の現存する山城としては随一の高さを誇ります。城内には天守、二 重櫓、土塀の一部が現存しており、昭和十六年には国宝(昭和二十五年文化財保護法の制定により 重要文化財)の指定を受けています。

また、平成六年度からはこれら重要文化財を中心に、本丸の復元整備が行われており、本丸の正面 玄関ともいえる本丸南御門をはじめ、東御門、腕木御門、路地門、五の平櫓、土塀などが忠実にもと づいて復元されています。

備中松山城の歴史

この城の歴史は古く、鎌倉時代の延応二年(1240)に有漢の郷(現在の上房郡有漢町)の地頭に 任ぜられた秋庭三郎重信により臥牛山のうちの大松山に砦が築かれたことに始まります。

その後、小松山に移り、城の縄張りは時代と共に変化しますが、なかでも天正二年(1574)に起こった 「備中兵乱」時は「砦二十一丸」と呼ばれた出丸が築かれていたことが記録として残っており、臥牛山ー大要塞となっていたことがうかがえます。

当時の城主であった三村氏が滅んだ後も、毛利氏の東方進出の拠点として、またさらに毛利氏が
防長二国に退いてからも、備中 国奉行として赴任していた小堀正次・正一(遠州)父子により修改築が なされるなどなど備中の要衝としての役割を担っていたようです。

以降、池田氏、水谷氏、安藤氏、石川氏、板倉氏と城主がかわり明治維新を迎えますが、現存する
天守などは天和三年(1683)に水谷勝宗により修築されたものと伝えられています。

アクセス

<自家用車の場合>

平日及びシャトルバスが運行していない日は、ふいご峠(8合目)まで自家用車であがれます。シャトルバスが運行している日に限り城見橋公園(5合目)に駐車していただき、シャトルバス(往復300円)でふいご峠(8合目)まであがっていただくようになります。ふいご峠(8合目)からは徒歩で約20分程です。

<電車・バスでお越しの場合>

備中高梁駅前観光案内所より『観光乗合タクシー』を運行

シャトルバス運行表/乗合タクシー

 

雲海に浮かぶ備中松山城を望む展望台

秋から春にかけて、条件がそろうと早朝に雲海を見学することができます。雲海に浮かぶ備中松山所の姿は幻想的で、隠れた撮影スポットとして人気があります。

展望台について詳しくはこちら

http://takahasikanko.or.jp/modules/spot/index.php?content_id=58

 

人物風景歴史探訪

小堀遠州 1579-1647

江戸時代初期の大名・茶人。幼名作介。名は政一。1604(慶長9)年父正次を継ぎ、備中国奉行となる。備中松山城築城、頼久寺作庭等行った。幕府支配の整備に尽力し、建築・造園にも才能を発揮した。遠州の茶の湯は俗に「綺麗さび」と呼ばれ、遠州流の祖となった。

水谷三代

1642(寛永19)年水谷勝隆が備中松山藩主になって以来、勝宗、勝美により、新田開発、備中松山城修築、高瀬舟整備等が完成し、大きな功績を残した。1693(元禄6)無嗣断絶となった。

板倉勝静 1823-1889

備中松山藩主、老中首座。幼名寧八郎ほか。山田方谷を登用し、藩政改革を成功させ、将軍徳川家茂、慶喜のもとで、老中として幕政の中枢を担った。

  • トイレあり
  • 駐車場あり
住所 岡山県高梁市内山下1
TEL 0866-22-1487
入館料 【大人】300円 【小中学生】150円 団体割引あり30人以上1割引 100人以上2割引
四館共通券 900円/備中松山城・武家屋敷館(2館)・頼久寺庭園・郷土資料館        ★通常1300円の所、共通券でお得に見学できます。
入場時間 【4月~9月】9:00~17:30 【10月~3月】9:00~16:30 ※12/29から 1/3まで 本丸への入城はできません。
休日 12月29日~1月3日
駐車場 城見橋公園(5合目)110台 ふいご峠(8合目)14台