文字のサイズ
  • 小
  • 標準
  • 大
ホーム > 観光スポット > 市街地 > 山中鹿之介の墓

市街地 山中鹿之介の墓

山中鹿之介の墓

「われに七難八苦をあたえ給え」と三日月に祈った尼子十勇士のひとり山中鹿之介は、天文14年(1545)に雲州富田月山城の麓に生まれました。数々の武勲をたて、毛利家に滅ぼされた主家尼子氏の再興を夢みて播州上月城に立てこもりましたが、戦いに破れ、毛利輝元が居る備中松山に護送される途中、高梁川の渡し場で討ち取られました。時に34歳でした。

住所 岡山県高梁市落合町阿部(ローソンのすぐ近く)
参考文献 高梁市史